無線LAN構築

ルーター機能が付いたアクセスポイントを選べば、複数のパソコンで無線LANが使えます。



例えば、コードレス電話ならケーブルがないので歩き回りながら電話ができますね。無線LANはコードレスでインターネットができるようになります。
無線LANを使えば、トイレの中でも(笑)インターネットが使えるようになってしまいます。
実を言うと、無線LANは簡単に使うことができるのです。
無線LANを始めるのには、アクセスポイントという親機の役割をするものをモデムに接続し、クライアントという子機をパソコンにつなげます。
アクセスポイントとクライアントは同じメーカーでそろえると、ボタンひとつで設定ができたりするので便利です。
それでは、無線LANを使う際に気をつける点です。
通常の電話回線(ISDNを含む)でダイアルアップ専用のモデムを使っている場合は、無線LANにすることはできません。
また、鉄筋住宅などの電波を通しにくい建物で1階と2階で使う場合には、ハイパワータイプのモデルを選ぶようにしましょう。
有線と同じくらいの高速通信をしたいのなら、2万円後半の最新モデルを選ぶとよいでしょう。
ルーターを選ぶ時は、ルーター機能が付いたモデルにすると複数のパソコンに対応できるようになります。
公衆の無線LANサービスが設置されているファーストフード店や駅、空港などなら、外出先でもオンラインゲームやブロードバンドを楽しめます。

★⇒無線LANの事なら楽天で・・・コチラです。★


中学受験のメリット

中性脂肪が気になる人へ・・・

日帰り温泉を楽しもう!!
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。