無線LAN構築

無線LANというとむずかしく聞こえますが、要はコードレス電話のようなものです。


無線LANというとむずかしく聞こえますが、要はコードレス電話のようなものです。
せっかくADSLにしたのに、電話回線の引き込み口とパソコンの場所が離れていてつなげない・・・なんていう時にも無線LANが解決してくれます。
無線LANはとても簡単に始めることができます。
無線LANを使うのに必要なのはアクセスポイント(親機)とクライアント(子機)の2種類ですが、セットで売られているものを選ぶと簡単です。
アクセスポイントとクライアントは同じメーカーでそろえると、ボタンひとつで設定ができたりするので便利です。
それでは、無線LANを使うのに気をつけなければいけないことはどんなことがあるでしょう?
ダイアルアップ専用のモデムを使用している場合は、無線LANにすることができません。
それから、基本的に親機と子機は同じ規格でないと使えませんが、最近はすべての規格に対応したモデルもあるのでそちらを選んだ方が良いでしょう。
無線LANを始める予算は1万円から2万円後半くらいですが、値段のちがいは通信速度によります。
リーター機能というのは、複数のパソコンを使える機能で、アクセスポイント側に付いています。
公衆の無線LANサービスが設置されているファーストフード店や駅、空港などなら、外出先でもオンラインゲームやブロードバンドを楽しめます。

★⇒無線LANの事なら楽天で・・・コチラです。★


O脚の予防・改善

アジリティー競技って何?

カビ対策の基本
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。